男がセフレを作る理由は超簡単!やりたいから

男がセフレを作る理由は何か気になったので、セフレがいる男性11人に聞いてみました。

女性がセフレを作る理由とは違い、ほとんどか純粋にセックスしたいからでした。では詳細をご覧下さい。

※男性のプロフィールは、「年齢/職業/妻・彼女の有無/現在のセフレの有無/新しいセフレは欲しいか?」の順です。

色んな女性とセックスを楽しみたい探究心からセフレを作る

私は大学生になってから初めてセフレを作りました。その相手はサークルの先輩でした。

当時の私は高校の頃から付き合っている彼女としか性行為をした事がなく、それをサークルの先輩に話すと「人生一度しかないんだよ?セックスが嫌いなら良いけど好きなら一度しかない人生色んな女の子とやったほうが楽しめるし良い人生だったと思わない?」と言われた時に私は本当にその通りだなと思ったのです。

それからは彼女が居ようが居まいが、セフレを作って色んな女性との性行為を楽しんでいます。

23歳/大学院生/彼女がいる/いる/欲しい

彼女に言えない性的欲求を満たすため

彼女のような近い存在には私の性癖を言いたくないからです。

私の性癖は複数あり、中でも射精する場所に対しての性癖が多いです。AVのようなベロの上に射精してそれを舐めとってもらうや陰部にそのままぶっかけるなど初対面の人にはなかなか言えない部分です。

普段の私生活の顔をして散る彼女にそんなアブノーマルなことは口が裂けても言えず、私自身のキャラクターを作ってしまいますので、そういう欲求が溜まってきたらセフレに会い、欲求を満たしてもらっています。

また、新しく入った情報や新しく興味を持ったことをためすのにもセフレと会っています。

27歳/自営業/彼女がいる/いる/欲しい

性欲を満たし、日常生活を円滑にするため

私は基本的には恋人を作りません。

仕事がそこそこ忙しく、定期的に恋人に時間も愛情も注ぎ続ける自信がないのが1つの理由です。

もう1つはたくさんの女性と接触したいという願望が常にあるので、恋人を作りながら浮気してしまうのは恋人に敬意が無さすぎるので、最初から作らないと決心しているのがもう1つの理由です。

そんな自分の、彼女はいないが性欲は満たしたいという願望を叶えてくれるのが「セフレ」です。

自分の欲求がたまったときに、都合よく、後腐れなく、程よい関係で付き合ってくれるセフレは自分にとってとても重要で必要不可欠な存在です。

29歳/貿易関係/彼女がいる/いる/欲しい

平凡な毎日で刺激がないため

平凡な毎日の繰り返しで物足りません。それで人間の奥深い欲求や欲望を見たくなることがあります。

人間の業の部分を見ることで、生きているという実感を味わえます。人間の汚い部分を見ることが快感につながります。特にセフレだと、別れや、相手に嫌われるなどの心配がいりません。だから遠慮せずにSEXに打ち込めます。

もし、相手が彼女であれば、「相手に気に入ってもらいたい」という思いが生まれますが、セフレの場合は欲求を満たすことしか考えていないので、気を遣わずに済みます。

30歳/カウンセラー/彼女がいる/いる/欲しい

性欲を満たすため。 ストレス発散のため

彼女と長い期間付き合っていると、 セックスがどうしてもマンネリ化してきて飽きが出てきてしまう。そうすると必然的に他の異性とセックスをしたいと思うようになる。

自分的にはセフレは一人でいいかなと思う。不思議な事にセフレと関係を持ってから 彼女とセックスをすると、今まで気づかなかった彼女とのセックスの良い点に気づき愛情が深まったりする。

ただ、難しいのが互いにセフレだと割りきれているかどうか。男女どちらかが好意を持ってしまっているケースだと大人の精算をしにくいのがネックです。 今は互いにセフレだと割りきれる相手が欲しいです。

32歳/アカデミー運営/彼女がいる/いない/欲しい

彼女とは絶対に出来ない性的な欲求を満たす為

彼女に嫌われたくなくて行えない単位やプレイがあります。

しかしながらセフレの場合には、同じ目的で会うから単位やプレイについて相談しやすく、実現もしやすいからです。

さらにセフレでは、恋愛などの感情を持つ必要がないので、浮気になどの心配をする必要がなく、純粋に性的な欲求を満たすことができるのが、魅力に感じます。

また、セフレの場合には、お互いの関係に対しても心配りを行ってくれるので、周りの人に知られることがないのが良いです。

35歳/営業/彼女がいる/いない/欲しい

性欲を満たす為、ひとときの心の繋がりを持ちたい為

結婚していて嫁がいますが、セックスレスで性欲が満たされないので、その解消にとセフレを作りました。子供もいて家庭を崩壊させたくないので、すごく深い恋愛感情をもつ不倫のような関係は望んでいません。

そんななかでも、やはり心と体の繋がりは欲しいと思いますし、その関係の最中はなんとなく心が繋がり、愛情があるかのような錯覚をおこします。

だから私は、相手を好きになり過ぎないようにして、セフレの関係を続けることが多いです。

42歳/事務職/妻も彼女もいる/いる/欲しい

妻相手に欲情しない

妻にはこれといった不満はない。関係が冷えているというほどでもない。が、妻相手にセックスする気にならないというか、性欲を刺激されることがほとんどなくなっている。

求めればそれなりに応じてはくれるのだが、妻は潔癖症で、まず風呂で入念に体を洗い歯を磨き…等を強要してくる。いざ行為にいたる頃には気持ち的にどうでも良くなっている感じ。

妻はセックスに関して極めてメンドクサイのだ。事前の手間とセックスを天秤にかけるとどうしてもつりあわない。

だったら「セックスはセックスに特化した人間関係に求めるほうが良いのでは?」と考えるようになった。でセフレに行き着く。

42歳/ネット通販/妻がいる/いない/欲しい

気軽に性的欲求を満たしたい為

私自身は現在妻がいるのですが、完全にセックスレスに陥っており、復活させようとも思っていないのが現状です。そういう状況にある中でも、私は性的欲求だけは人並みに持ち合わせておりまして、セフレが欲しいといつも思っている状態です。

妻がいる身なので結婚する事はもちろん出来ないのですが、純粋なセフレの場合はそういう結婚するとかしないとか将来の事など、重い事を考えず気楽に性的行為を楽しめる為、精神的に非常に楽だからです。

43歳/会社役員/妻がいる/いない/欲しい

ストレス解消

自分がセフレを作る理由は簡単で、とにかく性欲を満たすことでストレスの解消を図る為です。そこには愛情はありますが、恋愛感情はなくて、お互いの性欲を満足させるのみ。日常生活からかけ離れて、セックスの快感に心底身を委ねる為です。

彼女とか奥さんは、セックス以外の事も絡まって来るので逆にストレスが溜まったりしますが、セフレにそれは有りません。

また風俗などはいかにも商売で愛情は感じられません。セフレというのはお互いに日常生活のストレスを、日常生活から離れていて、かつ、商売ではなく、共に愛情を感じている相手同士でする贅沢なオナニーだと思います。

50歳/音楽/妻も彼女もいる/いる/欲しい

女性から安心感を得るため

独りだと自慰をしますが、虚しいからです。セフレを作れば、行き場所が出来るし友達としても関係は作れます。

また、自分のテクニックや体力の向上にも繋がり増々モテるようになります。セフレと言えども心は女で彼女を自分が好きじゃないから彼女にしないだけで、彼女は自分を好きかも知れません。

それと、女性を喜ばせる楽しみというか幸福感さえ感じます。基本、彼女がいる時はセフレは作りません。二股みたくなるからです。だから、彼女がいないフリーの時にセフレを複数作ります。

51歳/飲食業/彼女がいる/いない/いらない