キャバ嬢をセフレにする方法!みんなの体験談

「キャバ嬢をセフレにしたい」
「とりあえずキャバ嬢とセックスしたい」
「使った金の分はハメたい」

そう考えるのは、あなただけじゃありません。

全国には沢山の、キャバ嬢をセフレにした男性、または、セフレになったキャバ嬢ががいます。その人達から、どうすればキャバ嬢をセフレにする事ができるのか?を聞きました。

キャバ嬢をセフレにしたい男性は、読み進めて下さい。

キャバ嬢を、どんな過程でセフレにする?

実際にキャバ嬢をセフレにするに、みんなの口コミや体験談からヒントを得る事は、とても重要な事です。さっそく出会い方、セフレにする方法をみてみましょう。

キャバクラで気遣いをしてキャバ嬢をセフレにしろ 29歳女性
出会い系のキャバ嬢を接客してセフレにした 28男性
キャバ嬢の意識を変えていきセフレにする 34歳女性
売れていないキャバ嬢はセフレに出来る 36歳女性
私がキャバ嬢だったときのセフレ体験 28歳女性
No.2のキャバ嬢をマインドコントロールしろ 41歳男性

キャバクラで気遣いをしてキャバ嬢をセフレにしろ 29歳女性

キャバ嬢は学生時代にやっていました。社会人になってからも休みの日にやってました。当時月2回ほどセフレとして会ってました。21歳の頃で、相手は35歳の所帯持ちでした。

セフレになったのはその方のみですが、男性として意識した方はみんな優しく、気遣いの出来る方でした。

キャバクラでの第一印象は大切

キャバ嬢をセフレにしたければ第一印象はとても大切です。あんまり酔っ払って入店するのはおススメできません。ガツガツしていて、キャバ嬢だからと下に見た態度で接してくるのもよくないと思います。

キャバ嬢も人間ですから、接客中はニコニコしてますが、初対面でベタベタ触ろうとしたり、上から目線で話されると、ただの厄介な客としか見られません。

一般女性と接するようなやりとりを心がける

ではどうすれば男性として意識してもらえるか、それは始めにも言いましたが、気遣いができる方です。キャバ嬢は常にお客さんに対して気を使い疲れてます。逆に接客中に気を使われてるとドキッとします。

私がセフレになった方も「お疲れ様、大変だったね、頑張ってるね、偉いね」など声をかけてくれて、他の人とは違って一般女性と接するようなやりとりでとても好感が持てました。

だんだんと営業トークからプライベートトークに変わり、趣味の話などをする頃にはその人を男性として意識するようになりました。キャバ嬢だからといって好きでもない人と簡単にセックスはしません。

キャバ嬢とセフレになりたいのなら、まずは気遣って大切に想うことから始めてほしいです。

髪型について聞いてみる

無理やり振り向かせようと色々買ったりお店に頻繁に通うのではなく、さりげない気遣いをスマートにできるといいと思います。

お店に来た後、メールのやり取りする時、お礼メールの「今日はありがとうございました」に対して、

「こちらこそありがとう!楽しかったよ!疲れてるだろ??メールはいいから早く寝な。ゆっくり休んで」など、そっけなくも、大切にしてくれてる気遣いが出来る人は、ただのお客ではなく、男性として意識したポイントでした。

メール交換していない場合なら、お店で、ネイルや髪型に興味を持って「可愛いね、これすごいね!どうなってるの?」など話かけてみるといいと思います。

出会い系のキャバ嬢のグチを聞いてセフレにした 28男性

キャバ嬢と出会う方法として3つ。まずは普通にキャバクラへ行くという方法。もう一つは深夜の居酒屋でのナンパ。最後に出会い系サイトを使う方法。

この最後の出会い系で出会うキャバ嬢とのセフレへの発展率はとても高い!!

これからの話はあくまでも私の体験です。あったことをそのまま書いていこうと思います。

プロフィールがキャバ嬢に仕事のグチを吐かせろ

よくあるスマートフォンのアプリにある出会い系をつかい、つぶやきを見たりプロフィールを見たり。そうすると大体ギャバ嬢とのことがプロフィールに書いてある子がいます。

そういう子へ、アプローチ!「仕事いろんな人の相手しなきゃいけないし大変じゃない?」など仕事の話を絡めながらやさしく気遣いをしてやり取りをすすめる。

キャバ嬢は案外すぐに仲良くなれるので個人的な連絡先の交換をしてさらにやり取りを続けていく。

3日後に遊びに誘え

3日ほどやり取りしてから遊びに誘うと高確率で二人で遊ぶことできます。

下心を全く見せないようにやり取り進めて、お昼に遊んぶ計画を立てて、夜は一緒に飲みに行く計画。そんな内容の話で盛り上げておいて、いざ当日!

キャバ嬢の仕事がら、普段仕事で相手のことを気遣って仕事している人が大半なので、逆に出かけるときは精一杯気を使ってあげるようにして、相手に仕事してる感を絶対に出させないようにする。

のみまで行けばヤレる!あとはそれを繰り返すだけ

夜になれば相当仲良くもなっている状態で、一緒に飲んでほろ酔いくらいになれば自然とホテルへエスコート

こんなことを何回も繰り返しているうちに自然とそのキャバ嬢はセフレになっている。そんなことが何度かありました。

キャバ嬢の意識を変えていきセフレにする 34歳女性

キャバ嬢は基本お店に来た男性を「お金」として見ています。まずは「男性」へのステップアップを狙う必要があります。経験上から言うと、男性として見てもらう前に「良いお客様」の段階を踏まないと失敗する可能性が高くなると思います。

まずは良いお客になる

キャバ嬢は1日に何人もの男性を接客していますので、相当印象的でなければ1度の来店だけでは名前すら憶えていません。

そこで一度目の来店時に狙った子をすぐに指名してください。そしてすぐにドリンクを頼んであげてください。これだけでもう名前は覚えます。

初日はここまでで帰ってください。場内指名はテーブル売上にならないお店が多いので、翌日以降本指名で再度来店し、初日よりもお金を使ってあげましょう。

外で会おうというニュアンスの話はまだ一切しないでください。(心を許していない状態でこの手の話をされると印象が悪くなります。)ここまでの段階で「良いお客様」になりました。

キャバ嬢が下から目線になる

良いお客様レベルになるとキャバ嬢は下から目線に変わります。キャバ嬢がお願いしてきた時が男性へ格上げのチャンスです。今月売上が足りないの…や、今日は私だけ暇なの…など弱みをみせてお願いしてきた時から攻めに入ってください。

何度か通っていると相当高い確率でこのお願いをされる時が来ます。お願いをきいてお店に行ってあげてその代わり帰りにご飯だけ付き合ってと誘ってください。1度外で会ってしまえばほぼこっちのものです。

その後はもうお店には行かないで駆け引きしてください。「お店にはまた行くけど、今日はご飯だけ行かない?」という感じで誘い出してください。

2度外で会えればもう手を出しても拒まれないでしょう。女性が男性を本当に嫌なら、「またお店には行くけど」と行って先送りするよな男性は即切りします。先送りにしても、外で会ってくれるのは脈があると言う事です。

頑張ってキャバ嬢のセフレをゲットしてください。

売れていないキャバ嬢はセフレに出来る 36歳女性

手っ取り早くキャバ嬢と出会う場所というとやはりキャバクラという事になります。私が働いていた時もキャバ嬢は仕事柄たくさんの男性と知り合う事が多く、あまり出会いを求めて合コン等に参加する人はいないようでした。

その為お客さんと付き合うキャバ嬢もとても多いです。キャバ嬢の場合、恋人として付き合う事を目指すよりもセフレを目指す方が簡単かと思います。

キャバ嬢は普通に出勤しただけではそれほど高いお給料をもらえるわけでもなく、当然お客さんからの指名や同伴を目指しています。指名1人につきいくら、同伴1回につきいくら、とバックがあるからです。

狙い目は売れていないキャバ嬢

その為指名や同伴を目指して体の関係を持つキャバ嬢もいるのが現実です。特にセフレを目指す場合に狙い目なのは、あまり売れていないキャバ嬢です。

指名や同伴欲しさにお客さんと体の関係を持つ可能性が高くなるからです。私の友人のキャバ嬢もそういう風に何人かのお客さんと体の関係を持っている子がいました。

始めは感じの良いお客さんとして通い、ある程度のアピールをしてから同伴の誘いをします。

何度も同伴をしてしまってからでは、そこからセフレになるのは難しいので、誘う時点で、「一緒に過ごしてくれたら、ずっと指名して通うよ」と言ったり、関係を持つ事で利益がある事を伝えるようにしましょう。

同伴前はアフターでセックスする

関係ができればだいたいが、同伴前に食事からホテルへ行ってお店にくるか、指名でお店に来てもらいラストまでいたらアフターとしてそのままホテルへ行くパターンの子が多かったです。

この方法の場合確率は上がりますが、セフレになってもお客さんとして指名料や同伴料を払う事になるので、ある程度のお金が必要となります。

その為1人のお客さんとは月に2~3回程度という子が多かったです。

私がキャバ嬢だったときのセフレ体験 28歳女性

元キャバ嬢です。学生時代に働いていました。大学には結構と働いている子がいます(仲良くなると打ち明けてくれることが多いです)

私の場合は、お店で出会いました。最初の印象は、「清潔感があって、お話していてノリが合ってすごい楽しい。この席から離れたくない」といった感じです。

連絡先交換からデート

私から是非また来てほしいという営業の意味もありますが、もっとお話ししたいと連絡先を交換しました。

それからはお店に来る頻度は多くないものの、メールで色々と趣味について話すようになって盛り上がり、「今度〇〇が公開されるから、一緒に映画に行かない?」などと誘われるようになりました。

私は、じゃあお店に来て指名くれたらいいよと同伴の下心もあって最初のうちは返していましたし、特別デートという意識はなかったです。

ドキドキしはじめ部屋に呼ぶ

でもさりげなく奢ってくれたり(レストランでトイレに行っているうちにお会計が終了しているとか)、キャバ嬢としてではない普段の私を見て、認めて褒めてくれたり、相談ごとをされて親身に話し合ったりして、距離が近くなっていきました。

男性の方からのさりげないエスコートにドキドキし始め、ちょっと不安はあったものの「友達として」お部屋に呼ぶ機会がありました。

最初のうちは何もありませんでした。いつも通り、楽しく会話をしたり鍋パーティーをしたり。とても安心しきっていました。

やがて昼間ぶらぶらして、夜は部屋で一緒に飲もうとなり、その日の昼間に恋人繋ぎをお願いされて、嫌ではなかったのでOKしたんです。その時にはもう抵抗感はありませんでした。

流されるままにセックス

夜、さりげなく肩を抱かれた時も、キスをされても流されるままになりました。私は普段ナンパには応じないし、決して顔は好みのタイプじゃないけど、この人なら……と。

エッチの最中も、ノリがすごく合ったんです。体の相性がとてもいいわけでもないけど気持ちよくて。けど、そこからの関係は変わらずあくまで話が合う「セフレ」。恋人みたいに記念日やプレゼントなどの甘いイベントはありませんでした。

2年間くらい、私がムラムラしたときとか、相変わらず趣味で合って部屋にお泊りするときとかに関係を持っていました。キャバ嬢は初心な子も多いです。トーク術やさりげなさで口説かれると、私みたいに流されてしまいますね。”

No.2のキャバ嬢をマインドコントロールしろ 41歳男性

まず、キャバ嬢と出会うには、キャバクラにお客さんとして行くのが一番手っ取り早いです。キャバ嬢と知り合うきっかけとしては一番簡単で100%知り合えるので多少の出費は仕方ありません。

指名はしたらダメ

キャバクラに行ってもキャバ嬢を指名しません。何故ならどの子を狙うか決まっていませんし、どの子でもセフレに出来る訳では無いからです。

フリーでキャバクラに入り、店内のキャバ嬢を物色します。まず、No.1、No.2の子を知る事が大事です。

No.1の子はお店の看板でもあり、店側が相当大切にし教育しているので、セフレにするには相当通い込まないといけないので諦める事をオススメします。

無駄な出費がかさんでしまいます。狙い所はNo.2の子が良いでしょう。理由はNo.2の子はNo.1になりたくて必死です。そこを利用します。

絶対に、ちんこは入れない

ただ、無駄な出費は抑えたいので思わせぶりな態度を取る事が大事です。いかにも金を持ってると思わせ、No.1の子が気になっていると思わせます。そうする事でNo.2の子はさらなる差を開かせまいと必死になります。

一夜共にする事を条件に、上手く顧客になる振りをしてホテルに連れ込めば、後は恥じらい無しに奉仕しまくります。

初回は自分を抑えて嫌って程に奉仕に徹します。そして、肝心なのがあえて入れません。ここは絶対です。初回に入れない事で安心感を持たせます。男的にはキツイ事ですが、絶対に我慢です。

入れられなかった事で安心感と快楽を覚えたNo.2の子は必ず心が開きます。No.1になりたい事と安心して快楽を手にする事で心が揺らぎます。

そこに上手くつけこんで次回からNo.2の子を指名、または同伴するのです。3、4回通えば洗脳状態を築き上げられます。

どれだけ満足させられるかに掛かっている

勿論トーク力は必要ですが、それよりいかに金を持っていると思わせる事が出来るか、後は恥じらいを捨ててどんだけ奉仕出来るかの方が大切です。

最大の難関は初回のホテル連れ込みにあると思われますが、私の経験上、ここは意外とあっさりいけます。そこからの男の性欲を我慢する事と、どれだけ奉仕して相手を満足させるかにかかっています。

No.2の子をセフレに出来たら色々な意味で美味しいです。私は月に2度の頻度で会ってセックスを楽しんでおります。