セックスの相手は初恋の男性!大学時代に再会してセフレになりました

私は31歳の女性です。現在7歳になる息子が一人おります。相手の男性は私と同じ歳で二か月ほど間に二人目が産まれたので、今はニ児の父親です。こちらの体験談は私が大学時代だった頃の話です。

大学生の時に、中学時代の同級生と再会

私は大学一年生のとき、地元のスーパーでアルバイトをしていました。地元なので同世代のアルバイト仲間は同じ中学だった友人が多く、仕事終わりに一緒に帰ることも多かったです。

仲がそうとう良かったので、私がスーパーのアルバイトを辞めてからも彼らとの付き合いはありました。私は大学の二年次から青森に住んでいたのですが、夏休みなど長期休みのたびに元バイト仲間たちとよく飲んだりカラオケに行っていました。

ある日、元バイト仲間で同じ中学出身の男の子が飲み会に友達を連れてきました。その男の子はK君といって彼も同じ中学でした。私の場合、塾もK君と一緒でしたが彼は私より数段頭がいいので、あまり一緒のクラスになったことはありません。

中学でも一緒のクラスになったことはありませんでしたが、とにかくモテていたことは知っています。頭が良くてスポーツができるので彼を好きになる女の子は当時たくさんいました。

大学デビューの私を見てキョトンとしていたのが印象的

私は中学時代、他に好きな男の子がいたのでK君に興味はありませんでしたが、格好良かったのは確かです。そのK君が飲み会に来たときは驚きました。

何かの間違いではないかと思いました。相変わらず格好良かったので、もっとオシャレな人たちと一緒にいなくていいのかと思い、初め何を話したら良いか分かりませんでした。

私のなかで中学時代のK君はオシャレで頭の良い子たちといつも一緒にいるイメージがあったからです。K君は見た目変わっていませんでしたが私は大学デビューだったので、見た目が変わっていました。

なので初め彼はきょとんとした顔つきでこちらを見ていました。私はそれまで知らなかったのですが、元バイト仲間の男の子とK君は小学校も同じだそうで、小学生のときはよく一緒に遊んでいたようです。

実は初恋の相手だった!それを知ってから意識しだして、2人で合う時間も増えた

この飲み会をきっかけに元バイト仲間+K君で集まることが増えました。集まるとき私は女一人のことが多かったのですがあまり気にしませんでした。

そしてK君と話す機会が増えて、ある日K君が私の初恋の男の子だったということを知りました。幼稚園が一緒だったのです。一緒に遊んだことはないのですが、お泊り会のときは隣の布団で寝ていたそうです。

幼稚園のときに習っていたピアノ教室がK君の家から近かったこともあり、私は中学時代よりもっと昔K君のことが好きでした。卒園してからも気になっていたのを覚えています。

小学校は違ったけれど中学校の時、初恋の相手K君を探した覚えがあります。ではなぜ中学時代に初恋の相手がK君だとわからなかったか、それは幼稚園時代のときのK君の呼び名しか私が覚えていなかったからです。

同じ呼び名でK君を呼んでいる友人は誰も中学時代、おりませんでした。大人になってから初恋の相手がK君だとわかったとき、私はK君に対する見方が変わりました。これをきっかけにK君と二人で会うことも増えました。

お互い恋人はいたが、セックスをしてしまう!恋人で埋まらない部分を埋めあう

当時、私は今の主人と付き合っていてK君にも彼女がいたのですが二人で会うことを辞められませんでした。そして、いつの間にか大人の関係にまで発展してしまいました。

いけないことだとわかっていましたが、中学時代の様子も含めK君は私にとって高嶺の花だったので、そんな彼が私を求めてくれてとても嬉しかったです。

実家が近いので私が大学を卒業してからは結婚するまで頻繁に彼と会っていました。お互い好きだと告白したことはありますが、今いる恋人と別れてまで付き合おうと思ったことはありません。

K君もそうでしょう。それが正しいと思ったからです。ですが、当時は恋人で埋まらない部分をお互いに求めていました。

私が初めて野外セックスをしたのはK君が初めてです。場所がないので夜、地元の公園で後ろからされてしまいました。人が来ないかソワソワしましたがいつもと違った快感でとても気持ち良かったです。

初めてのセックスは私の家!ドキドキで顔が真っ赤になった

野外セックスは印象的でしたが初めてK君とエッチをしたのは私の実家です。私の家は母子家庭で当時母は夜勤をしていました。母もK君のことをある程度しっていたので許可をもらってよく遊びにきてもらっていました。

そのとき自然の流れでキスをしたことからエッチに発展しました。キスをしてからK君は私に口でしてほしいと言ったので初めは戸惑いましたが、喜んでくれて頭もなでられたので嬉しかったです。

それから服を着たまま私の胸、秘部を触っていました。ある程度触ってもらって初めて挿れていいかK君に聞かれたとき、ドキドキして顔が熱くなっていたと思います。

真っ赤な顔でうつむくとK君はリビングのカーテンを閉めました。この行動がこれから始まることを想像させて余計ドキドキしていました。

全身が性感帯になった感じ!ずっとセックスを楽しみたい

最後に電気を消してK君は私の服を脱がせました。私が恥ずかしがらないように色々と配慮してくれていたのだと思います。K君の服を脱がせて彼に触ったとき、予想以上に熱くて私は驚きました。

興奮してくれているんだと思うと、余計私の秘部は濡れました。そして少しずつ丁寧に挿れてもらいました。K君が気を使ってくれたのもあると思いますが、全く痛みはありませんでした。

むしろ全身性感帯になったのではないかと思うほど感じました。決して短い時間だったわけではありませんが、もっと長い時間K君とセックスを楽しみたいと考えていました。

強引にセックスされた時も興奮した!でも無理やりはセックスしない。そんな所も良かった

それから私の実家で度々セックスするようになりました。大抵はリビングでしたが先ほど申しあげた野外セックスや玄関先でしたこともあります。

玄関先でしたときは少しK君が強引でした。ですが私はその強引さが逆に嬉しかった記憶があります。寒かった夜でその日も服を着たままエッチしてしまいました。

強引だったにも関わらず私は濡れていたので気持ち良くて興奮しました。K君の冷たい手にゾクゾクした覚えがあります。

K君は私が嫌がるとき無理にセックスしようとしなかったので、私はそんなK君も好きでした。セックスしないならもう会わないと言われたことはありません。

結婚してから、また再会!こんなにも、ときめかせてくれて感謝しています

それからお互い順調に本来の交際相手との仲が進み私が先に結婚、出産しました。結婚してからお互い連絡と取りあうことはほとんどありません。実家へ帰ってきてタイミングが合っても二人で会うことはないです。

ですが先日久々に中学時代の仲間四人で集まって飲みましたが、不覚にもときめいてしまいました。K君はまだ二人目が産まれたばかりで忙しいのに、酔った私へお茶を持ってきてくれました。

私はそのK君を見てお酒とは別の理由で赤くなっていたと思います。考えてみれば当時K君との関係はセフレでしたが、またこんな気持ちにしてくれた彼に感謝したいです。

もう10年ほど前ですが行為のことが鮮明に記憶に残っていて、それを思い出してしまいました。秘密の良い思い出としてこれからもとっておきたいです。