風俗嬢をセフレにする為の3ステップ

どうも、スケベ協奏曲管理人の、はめおです。

今回は風俗嬢をセフレにした34歳男性に、どうやってセフレにしたのかを聞きました。キモは3ステップ目です。この部分をしっかりと勉強すれば、この男性のように風俗嬢とウハウハなセフレ関係になる日も近いでしょう。

【体験談】まずは風俗にいけ

風俗嬢と出会う方法はずばりっ、風俗に行くことです。

だって考えてみてください。プロのスカウトでもない限り、町ゆく女性の中から風俗嬢をピンポイントで探し出すことなんて不可能に近いですよね?

素直に風俗に行って写真を見て指名。これが一番の近道です。

ステップ1 妥協はするな!好みの風俗嬢を探せ

続いてセフレにする方法ですが、私はこの方法で6割程度の風俗嬢とプライベートでセックスを楽しみました。

まずは、風俗に行きます。そこで妥協せずにセフレにした風俗嬢を探します。ここで、ちょっとくらいブスでもいいと妥協してしまってはいけません。

必ず自分の理想やタイプの風俗嬢が現れるのを待ちます。

ステップ2 指名しろ

見つかったら、第2ステップです。必ず指名をしてください。フリーで入ってたまたまついた娘を口説くのは難しいです。指名で入る事ができれば第2ステップクリアです。

ステップ3 超重要!何もせず話を聞け

第3ステップですが、個室に誘導されたらその日は何もしない!ということです。これがこの作戦を成功させる鍵です。

「脱がないの?」と言われたらこう言ってください。「ごめん。本気でタイプすぎて何もできない。今日は話だけでもいい?」最初は変な人と思われるかもしれません。

でも、風俗嬢は大概の場合、悩みを抱えています。それを親身になって聞いてあげることで心を許します。

とはいってもいきなり見ず知らずの男に悩みを打ち明ける風俗嬢はあまりいないので、ここから、会話を徐々につめていきます。

注意点1 過去の事から話をしろ

とっかかりは源氏名を褒めるとか簡単なことからで大丈夫です。風俗嬢は最近のプライベートなことはあまり言いたがりません。ただ、昔の事であれば案外話してくれる娘が多いです。

出身地はどこ? 部活は何をしてた? 兄弟はいる?とかそんな感じです。あまり「現在」に近い質問は難色を示す可能性があるので、遠いところから攻めていきます。

ここで大事な事は、自分の事は自分から話しをしないということ。ベラベラと「俺はこうだった」とか「俺は昔~」とか言ってしまうと逆効果です。

自分の話は聞かれたら話す程度にし、極力聞き役に徹します。そうこうしていると、30~40分はあっという間に過ぎます。この頃になると風俗嬢も「この人、ホントに何もしないんだ」とわかってきます。

注意点2 残り20分!悩みを聞け

60分コースの場合、ここからが本番。残り20分。足りるか足りないかギリギリのところで「最近、なんか悩んでることない?」と聞いてみるのです。

女性は悩みを聞いてもらうと、たとえそれが解決しなくとも心を許し始めます。要は悩みを共有してあげることで「この人話しやすくていいな」と思ってもらう事が肝要です。

風俗嬢は大概の場合、悩みを抱えています。この方法は効きます。

「うんうん、わかる」とうなずき、相槌を打っていると60分げ経過します。ここで延長をしても良いのですが、延長の金額もばかになりません。

そこで「また今度はコーヒーでも飲みながら相談聞くね」と優しく言い何かしらの連絡先を交換します。これで全てのステップは完了。

6人の風俗嬢とセックスしてます

その夜今日は楽しかった等のメールを送れば高確率で返信が来て外で会えます。私の場合、この方法で6人の風俗嬢を落としました。体、週に1~2度食事をしその後セックスをするという流れです。

プレゼントを渡す必要もなく、思ったより安価に、そして楽に付き合えます。いかがでしょうか。誰でもできそうですよね?

ポイントは初日に一切触れないことです。我慢は辛いかもしれませんが、今後の事を考えれば安いものです。皆さんもぜひ挑戦してみてください。

【関連】風俗嬢をセフレにする方法!みんなの体験談
【関連】風俗嬢をセフレにする時の注意点5つ!元風俗嬢が教えます